地域とともに100年。誇りあるローカルゼネコンを目指して。

総合建設業 蜂谷工業株式会社 HACHIYA Construction Co.,Ltd.

MENU

SDGsへの取り組み企業情報

SDGsへの取り組み

SDGsとは

SDGs(=エス・ディ-・ジーズ)とは、Sustainable Development Goalsの略称で、日本語に訳すと「持続可能な開発目標」という意味です。
2015年9月の「国連持続可能な開発サミット」において採択されたアジェンダ(行動計画)として掲げられ、2030年までの国際共通目標。
経済・社会・環境のあり方について17の目標と169のターゲットで構成され、2030年までの世界共通目標となっています。

SDGsの最大の特徴のうちの一つが、「誰一人取り残さない」という理念です。
前身となるMDGs(Millennium Development Goals:ミレニアム開発目標、2001~2015年)は主に発展途上国の社会開発に関する目標でしたが、SDGsは先進国・発展途上国を問わず、全世界に関わる目標であることが大きな特徴の一つです。

17のゴール

SDGsは、17の大きな意欲目標(=「ゴール」)と、それらの中に位置づけられた169の行動目標(=「ターゲット」)とで構成されています。
企業などの各主体は、これらの目標の中から、優先的に取り組む課題を選択・設定し、取り組んでいく形が一般的となっています。

17のゴール

当社の取り組み

当社は、「全社員の物心両面の幸福を追求するとともに、正しい考え方と確かな技術で社会に貢献する」を経営理念に掲げています。すべてのお客様に、安心と満足を感じていただけるような、品質・価格・納期・サービスのものを提供すること。公正で誠実に、社会の中でよい会社だと受け入れられる社会活動、環境活動を行うこと。そして全社員の物心両面の幸福を実現すること。この考えを社員一人ひとりが共有し、建設業を通じて地域の社会的課題の解決と経済の活性化を図ることで、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

SDGsの取り組み内容

お客様満足の追求

確かな技術と公明正大な事業活動により、お客様に満足していただける最良のものをお届けしてまいります。

主な取組み
  • 品質向上に向けたISO9001認証取得と継続的改善
  • 法令順守と公正な事業慣行の徹底
  • お客様のニーズと信頼にお応えするための技術力
  • 生産性向上と創意工夫の徹底
8.働きがいも経済成長も 11.住み続けられるまちづくりを 12.つくる責任つかう責任 16.平和と公正をすべての人に

環境保全

環境問題の解決と環境保全への貢献のため、環境マネジメントシステムの継続的改善を行い、環境に配慮した事業活動を展開してまいります。

主な取組み
  • 環境保全の取組向上のためのISO14001認証取得
  • 環境に配慮した設計・施工の推進
  • 廃棄物の減量化とリサイクルの実践
  • 地域の環境保全活動への参加
9.産業と技術革新の基盤をつくろう 11.住み続けられるまちづくりを 12.つくる責任つかう責任 13.気候変動に具体的な対策を

人の成長こそ企業の成長

働き方改革・健康経営の実践と、積極的な人材育成を通じて、全社員の物心両面の幸福を追求し、働きやすく働きがいの持てる企業を目指します。

主な取組み
  • “良い仕事のためには健康が一番”をスローガンとした健康経営の実践(2017年度~4年連続の健康経営優良法人認定取得)
  • 長時間労働の抑制等による働き方改革の推進
  • 職務別・階層別研修や資格取得支援(研修・費用補助)によるスキルアップ支援の実施
3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 8.働きがいも経済成長も 10.人や国の不平等をなくそう

地域社会への貢献

地元である岡山に根差すローカルゼネコンとして、地域経済の発展と、住みよい地域社会づくりに貢献してまいります。

主な取組み
  • 地元人材の積極採用
  • 災害復旧支援活動の実施、地域清掃活動の実施
  • 地域における次世代教育支援(作業所見学会、出前講座等)
8.働きがいも経済成長も 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 11.住み続けられるまちづくりを 12.つくる責任つかう責任 17.パートナーシップで目標を達成しよう